Lucent Raize
最近の日記5件

  • 02/03 (日) −
    [meal]HTC JのS-OFFで...
  • 01/06 (日) −
    [meal]Synergyが使え...
  • 01/04 (金) −
    [meal]21:9液晶その後...
  • 12/16 (日) −
    [meal]21:9液晶を開封...
  • 11/27 (火) −
    [meal]サイトリニュー...


  • 日付別
    過去ログ検索
    Firefox meter

    一昨日、HTC JにMNPをしました。この端末は0円+キャッシュバックがついてくるのでわざわざButterflyにしなくても遊べそうだったので、とりあえず2台契約しました。

    そして、W-CDMAでも使えるようにしたかったので、ちょっと調べてみました。参考にしたのは下記のサイトです。

    HTC J (ISW13HT) : VALENTE_WX (VAE_WX) (HTC速報Dev) | HTC速報

    HTC J | hello.c

    シエルのぼやき HTC J(ISW13HT) S-OFF

    Unlimited.IO

    Unlimited.IOのS-OFFツールで半日悩んだのでメモしておきます。

    同ツールのRabiesShot.exeを実行したところで、『Error: No microSD card detected - insert a microSD card and try again.』というエラーが出て、先に進めない状態になりました。(外部メモリとして読み取り可能な上、adbで見ても/sdcardの中はちゃんと見れている)

    実はこの前に、もう一台のHTC JはさくっとS-OFFできていたので、何がおかしいのかずっと悩んでいました、ふと成功したHTC JのMicroSDを使ってみたらどうだろう。という思いつきの元でカードを交換したところ、こちらもさくっとS-OFFできました。

    MicroSD自体は端末付属のものですが、カードの性能差によるものか個体差によるものかは分かりませんが、まさかこんなところで引っかかるとは思いもよらず、RabiesShot.exeを逆アセしてコマンドを追っていこうかと思っていたところだったので一安心しました。

    また、あまり情報がないものなのでこういう場合もありますということでした。

    あとはW-CDMAのimgを書いて動作確認して完了としたいです。(すんなり行けば)

    あ、あとHTC Jのアンテナは良いですね。パターンアンテナにするよりもずっと安価で、ケースにパターンがあるので受信状況は基板に比べてRSSIは良くなりそう(ただし、受信感度はそこそこ下がる)。問題はあまり蓋を開け閉めしているとアンテナコネクタのバネが悪くなり、接触不良からインピーダンスがずれてしまうというところですね。

    (BGM:なし)

    何度目かのMac再インストールをして、さらに両手で数えられないくらいSynergyのインストールをしたところで、毎度毎度ストレートに設定できないので備忘録として残しておきます。

    そしてバージョンによって毎度毎度設定が変わるので、このあたりが非常に困るわけです。

    現在のSynergyの設定はこのようになっています。

    Mac(Server):1.4.7(Service起動)

    Win(Client):1.4.5

    Win(Client):1.4.3

    Win(Client):1.4.5

    Macの方はこれより上のバージョンだと動作しないため、1.4.7まで下げる必要がありました。Legacyでの起動がエラーになり、調べるのも面倒なのでServiceでの起動としています。Serviceで起動できるのは1.4.10か1.4.7となります。1.4.10はどうもプロトコルが違うのか、下位互換がないような動作です(refuseされる)。

    Client含めてすべて上のバージョンに合わせるのは非常に面倒だったので、Serverを調整するだけとしました。

    そして、このバージョンで設定をし、いざ動作させると、キーボードが認識していませんでした。

    さて、なんか設定が必要だっけと思って調べていたら、ありました。

    Macの「システム環境設定」->「アクセシビリティ」->ウィンドウ下部の「補助装置にアクセスできるようにする」にチェック

    このアクセシビリティもMacのバージョンによって場所がいろいろ変わるので、ご注意を。

    Macは10.8.2、WinはWindowsXP、Windows7、Windows7です。

    (BGM:偽物語副音声 )

    さて、前回の記事でとりあえず映るところまではいったので、それからのことについてです。

    まず、MacからHDMI、DVI接続でこの液晶(EA93)に繋いで映ることを確認しました。

    解像度についてはデフォルトで設定できないため、SwitchResXを使用しました。これによりカスタム解像度が設定できますので、2560x1080の設定ができます。ただし、リフレッシュレートが60Hzになりません。

    このあたりは不明ですが、HDMI接続からDVI接続に変換する場合にはシングルリンクのため、ピクセルクロックは165MHz未満となります。そのため、2560x1080の表示ではリフレッシュレートが50Hzまでしか対応できないということになる……のかどうかは予想です。

    正確にはCVT規格の2560x1080@50Hzでは189MHz。CVT-RB規格では150MHz(この設定で使っています)。GTF規格では188MHz。このあたりは各所に資料がありますので、どうぞ。

    PCディスプレイの信号タイミング基準について - Diary on wind

    DVI compatibility for sticklers

    で、問題はここからです。

    先日購入したMac mini(2012)のThunderBoltが何かに使えそうだと思って、DisplayPortへ繋いでみました。

    が、これが見事に認識せず。他のケーブルを購入して確認してもやはり変わらず。この液晶を購入した店舗へMac miniを持って行き動作確認をしたところ以下のことが分かった(FreeTさん、確認のご協力ありがとうございました)。

    ・店にある液晶(EA93)でも同様の現象

    ・MacのDisplayPortから他の液晶へは認識する

    ・Mac起動時のリンゴ画面は表示され、OSが立ち上がるとNo Signalとなる

    ・EA93の液晶はWindowsPCからならDisplayPortを認識する

    要するに、MacではこのEA93へのDisplayPortが使えません。非対応です。という結果になりました。ちなみにThunderBoltからHDMIに変換してEA93のHDMI入力に入れても認識しません。しかし21インチの三菱液晶へは繋がり、デュアルディスプレイ環境も構築できました。

    やはりMacのThunderBoltが鬼門のようです。もしこのEA93とMacを接続するときは気をつけてください。

    (BGM:なし)

    先日、DELLにて21:9の液晶ディスプレイを注文したところ、12/6到着予定だったのですが、当日になって

    ご準備しておりました在庫以上のご注文を頂いた為

    入庫待ち状態にあり、お届けにまだお時間がかかる予定となっております。

    現時点では、今月22日の出荷予定で調整が進んでおりますので、しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

    というメールが入ってきたため、さすがにそれだけ待つと熱が冷めてしまうのでキャンセルとさせていただきました。

    その前後に、LG電子から21:9ウルトラワイド29インチ液晶のEA93が発表され、しばらく悩んでいましたが、たまたま秋葉原へ寄ったところFreeTさんのところにて展示しており、マルチディスプレイの設定をしてもらったり(2分割設定ができるので)色々といじってもらいました。その場で不安な点とか色々伝えましたが、それでもDELLの件があってついつい購入してしまいました。

    そしてとりあえず仮設置としていますが、こんな感じになります。

    (左上、三菱23型 右上、三菱22型 右下、LG19型 左下、LG29型)

    問題点

    ・Macに対応していない?(ドライバ関連はすべてWindows用のセットアップファイルでした)

    ・視野角はそれほど広くなく、右端や左端からディスプレイを見ると反対側の淵が沈んでいるように見える

    ・29インチというのはディスプレイの表示部分ではなくパネル部分

    (LGは最近超狭ベゼルを発表し、パネル内に非表示エリアが存在します。このEA93は上方のベゼルは1.2mmですが、表示エリアは11.1mmです)

    それでも2分割やPictureInPictureが可能である等、色々遊べる要素はあるため楽しめそうです。

    ちなみに高さに関しては画像にもある19インチのスクエア液晶より高さが若干狭いです。23インチ液晶と比較してもやはり高さがわずかに足りないですが、デュアルディスプレイ等を考える場合には23インチワイド、もしくは19インチスクエアと併用することをおすすめします。

    あとはMacで解像度の設定を行うことができれば文句ないのですが……。こちらのサイトで紹介しているソフトはページが存在していないので残念ながら試せていないです。

    残りはしばらく使用してみて再度利点欠点等があればブログに残したいと思います。

    (BGM:なし)

    最近音沙汰がなかったのですけど、色々と仕事の方で忙しかったりしていて、更新をおろそかにしてしまいました。

    今回、サイトをリニューアルして、twitter対応にしようと画策中です。

    サイト停滞中にサーバが様変わりしたり、先日発売されたMac miniを購入していたり、Nexus7を2台購入したり(一台は3G付き)、とありました。

    時間的になかなか難しいものもあるので、長文や細かい検証を行った更新は難しいかもしれませんけど、ひとまず再開ということですので、できれば週一ペースで更新できればと思います。

    アクセス解析を見ると、最近はPT3関係でよく来ているようなので、そのあたりも書けたらと思います。

    ということで今後ともよろしくお願いします。

    (BGM:なし)

    Copyright (C) 2007-2010 Lucent Raize. All Rights Reserved.