Lucent Raize

今回から、コメントをつけない記事は載せないことにしました。コメントの順番や記事との対応がよくわかんないという声が聞こえたので、できるだけわかりやすく、必要な記事だけを載せるようにしました。それではどうぞ。

事件

2歳の娘を熱湯につける 19歳母親らを傷害容疑で逮捕(asahi)

兵庫の小学校長、電車内で女子高生に触り逮捕…容疑を否認(読売)

弁護士を高1買春容疑で逮捕 出会い系で知り合う(asahi)

ミクシィで女子中生と知り合い、売春させる…26歳男逮捕(読売)

熊本体罰訴訟、原告が逆転敗訴…最高裁「教育的指導の範囲」 (読売)

車いす女児、地元中学入学求め町教委を提訴 奈良(asahi)

その他

中学男女を同室着替え 長崎(asahi)

今回は珍しく二社だけになりました。特徴のある新聞社ですからね、なぜかそういうニュースだけを取り上げてたりしますし。

さて、まず最初のニュースからどうしようもないですね。

2人は女児を熱湯入りの浴槽に無理やり約1分間つけたうえ、茶わんですくった熱湯を肩にかけた。熱さに耐えられずに浴槽から飛び出し、尻餅をついた女児の様子を見て笑って見ていたという。

こういう頭の弱い人はどうしたらいいんでしょうね。こういう度の過ぎる虐待は今の懲役に加えて多額の罰金刑とかで税金をまかなえばいいんじゃないかと思います。あ、あとこの親のさらに親にも監督不行届とかダメな子供を育てた罪とかあればいいのにね。

お次は、いつもの痴漢です。

神戸駅に到着した直後、足立容疑者が電車を降りて逃走。そばにいた女性客が「捕まえてください」と声を上げ、男性駅員(58)が取り押さえた。

逃走しちゃばれるでしょうに。でも、そばにいた人が言うくらいだからよっぽどだったんでしょうね。

お次は高一と中三だそうです。最初の方は高校に匿名のメールがということらしいけど、どういう風にばれるものなんでしょうね。mixiの方は、なんとも安っぽいヤクザですね。

次は、当然のことをした結果の当然の結果です。問題なのは教師が冷静さを欠いているところなんですけど、こんなの子供の頃によくいて、怒られたと思うんですよ。そういうのを結構見ましたし。そう考えると別に普通なんですけど、最近だとこういうのも問題視されるのは教師もやりにくいんでしょうね。これで暴力を振るわずに精神的苦痛を与えても体罰にならないという、やや問題のある判決が出たわけで、どういうの事件は今後も増えるんでしょうねえ。

事件の最後は、19日に書いた記事の続きです。教育委員会には残念ながら文科省の方に学校施設バリアフリー化推進指針というものがありました。以下はその第一章第一項の(1)です。

障害のある児童生徒等が安全かつ円滑に学校生活を送ることができるように、学校施設において個々のニーズに応じた対策を実施することが必要である。

なお、障害のある児童生徒に配慮した対策は、児童生徒のみならず、教職員、保護者、地域住民等の多様な人々が施設を安全かつ円滑に利用するための対策としても有効である。

これはあくまでも指針であって、努力義務は発生しないという点です。あとは拒否理由如何によって方向性が決まるのかなと思います。

最後の記事です。中学生というのは制服の下に常にジャージを穿いてるわけで、問題にするほどじゃないと思うんですよ。中にはジャージを着ないで学校に来る人もいましたけどね。あと、こういうのって大抵、女子は教室、男子は廊下とか無理矢理追い出した記憶があるんだけど、最近は生徒で勝手にそういうこともしないのかなぁ、と不思議でした。

(BGM:なし)

トラックバックURL

名前
コメント
Copyright (C) 2007-2010 Lucent Raize. All Rights Reserved.